Notes
<< April
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>

結局会期終了ギリギリで江戸東京博物館の『ナポレオンとヴェルサイユ展』へ行ってきました。
手持ちの本だと思うんだけど、どの本に載っているのか思い出せない絵で、ずっと印象に残っていた「マラーの死」。これの本物(なんだけどレプリカ)を見られたのが凄く嬉しかったな。
絵画の他、家具や宝飾品等もあって見所満載だったけれど、人が多くてじっくり見ようとすると非常にしんどかった。なんというか、通路スペースが狭く感じた。というか、実際狭かった。むぎゅっと展示品を押し込んだ感じ?
この時代の歴史に詳しいとより面白かったんじゃないかなと思いつつ、のんびり考えながら見ることができないから、図録で改めて歴史と照らし合わせるしか。
昔はこの時代の服飾はあまり好きではなかったんだけど、仕事絡みで資料を集めたり描いたりしているうちに好きになっていったところ。それなりの資料を見ていると、やはりシルエットがカッコイイと思うんだ。家具等でも、ナポレオンが採用したデザイナーのセンスは結構好きみたい。

ついでに江戸東京博物館の常設展にも入る。実は初めて。
広々としていいねー。週末ってこともあって、親子連れが多く微笑ましい。
江戸の町屋等の模型が良く出来ていて体力と時間があったら、もっとじっくりゆっくり見たかったかも。
| 日々雑感 | twitter経由でコメント

コメント

コメントする








NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.476097秒
  • 合計: 5832921
    今日: 75
    昨日: 1124

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

SEARCH


TWITTER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
PAGE TOP