Notes
<< November
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>


アイコン絵その2。
普段よりライト傾向で。2000~4年くらいの間のものなので、時期によって微妙に色やタッチが違うけど。
こちらも元デザインがある人から無い人まで、色々と描かせてもらいました。
前のと違うのは、ゲームジャンル的(現代退魔コメディモノ?)の違いかお子様キャラが若干多めなところかな。
こちらも楽しかったですね♪



人の死ぬということを改めて考える。
その人が死ぬまでの間、何を考えたんだろう、ご家族はどんな気持ちだったんだろう、他人にはわからないことだけど、想像するだけでも辛くなってくる。
亡くなった人は父の先輩同僚で、そこの次男が自分と同級生で、両親子供共歳が近いせいかな、他人事じゃないようで。
子供の頃の社宅時代に遊びに行ったりしてたんだよなぁ。
癌だと知ったときには手遅れだったらしいけれど。
故人のご冥福をお祈りいたします。
| 創作ネタ::色々 | twitter経由でコメント

コメント

かれんさんとみいちゃんだ。懐かしい^^
かれんさんは特徴がなかったので
さぞかし描きにくかっただろうと思います。
今更なんだがお手数おかけしました^^;
逆にみいちゃんは描きやすかったなー、
自分でもまだ時々描くからね^^


人の生涯って、
特別でない日々、ささやかな日々の
積み重ねなんだと思う。
明日という日が間違いなくやってくる保障なんて
実はどこにもなかったりする。
でも、人はそのことにほとんど気づかない。
明日もあさっても、来年も再来年も
普通にやってくるんだと思ってしまう。
そうじゃないんだけどね…毎日大切に送らなくちゃね。
出会える人を、物事を、大切に思いながら
謙虚に生きていきたいものです。はい。
| EMAIL | URL | 2008/07/03 10:00 PM | MigVf/Lk |
古いファイルは漁ると面白いです(笑)
PBMのキャラクターって、行動を真面目に考えるから、愛着が出てきちゃいますよね。
最近は再利用の方法を考えちゃうですよ(w

死ぬということとか、この世からいなくなることを真面目に考えると、なんか辛くなってきます。
子供の頃は、自分というものがそこで終わってしまうとうことを考えると、恐怖を感じたりしたなぁ。
本当、日々を大事に生きていきたいものです。
| EMAIL | URL | 2008/07/04 07:12 PM | b/PBU2rA |

コメントする








NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.510164秒
  • 合計: 361948
    今日: 138
    昨日: 386

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

SEARCH


TWITTER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
PAGE TOP