Notes
<< September
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>

妹がいつも出かける先にあるベトナム料理の店が気になって気になってというので、がんばって家を出てみた。
出かけた先の商店街でバナナの大き目の房を発見。購入。半分は犬のオヤツだ。
その後妹と合流してバナナを持ったまま店に向かったのだが、大雨。一応歩道にアーケードがあるんで……といいたいけど、中途半端に途切れているので、傘が閉じられないのはなんとかして欲しいかも。

ビルの地下の、小さなお店でした。店内の内装は地味というか家庭的というか。
平日は夕方からで、土日祝日が昼からなのね。
ベトナム料理はよく判らんので、店の人に聞きながらメニューを決めてみたり。
エビの生春巻きに鶏肉のフォー、魚の団子入りビーフン ハスのお茶。デザートに南部ぜんざい、ベトナムコーヒー。
生春巻きは、美味しいんだけど冬に食べるもんじゃないなーと思った。フォーは米の粉で作ったきしめんみたいな麺。普通に上手い。ベトナムのビーフンは太いのね。味はどれも美味しかったな。しかし、どれにも入っている独特の香辛料、あれなんだろう?
デザートの南部ぜんざいは温めたココナッツミルクに大粒のタピオカとサツマイモ、胡麻。これがやっぱり美味い。甘いけど。

そしてベトナムコーヒー。
癖になる人は癖になるらしい一品。
エスプレッソ用に細かく挽いた豆を使って、コップの上に乗った一見アルミのコーヒーカップみたいなフィルターを使って淹れる。フィルターの底にコーヒーを入れて、プレスし、そこにお湯を注いで下からコーヒーが出てくるのを待つというスタイル。(説明下手……)
元々今のエスプレッソマシンができる前にフランス人が使っていた道具らしい。
カップの底にはコンデンスミルク(練乳)。その上に、抽出されたコーヒーが落ちてきて、ミルクとコーヒーの2層になる。
で。フィルターにお湯が注がれた状態で出される。そこで抽出が終わるまで待つ。ポタッポタッとコーヒーが落ちるのを待つので時間がかかる。急いでいるときには絶対お奨めしない。
ここでちょっと困ったのが、二人分頼んで二組出てきたわけだけど、コーヒーの落ちてくるスピードが全然違ってまして。一人が飲み終わってももう一人のは抽出が終わってないというか。てか、終わった頃には冷めてたッス。
コーヒーの粉をプレスしすぎちゃったんかねぇ……。
味は練乳を使うので、やっぱり甘い。冷めていたせいか、よけいに甘い。しかし、コーヒーのまろやかな苦味と相まって美味いことは美味い。もっと熱いと美味いだろうなー。この甘さは、インドのチャイもそうだったけど、やはり気候と関係あるんでしょうね。日本だと、凄く寒い日とか暑い日に飲むと美味しそう。でもやっぱり冷めると甘さが……。
そーいや、妹はマックスコーヒーに似ているとか言っていたかも。
| 日々雑感 | twitter経由でコメント

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://ostland.if.tv/ts/notes/tb.php/2150

トラックバック

NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.489315秒
  • 合計: 345207
    今日: 42
    昨日: 232

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

SEARCH


TWITTER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
PAGE TOP