Notes
<< October
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>

小学~高校まで一緒の友人からメールが届き、小中学生時代から付き合いのある友達(+α)で花見をすることに。
場所は当時住んでた団地の近くの公園。当時っていっても、彼女らの両親はその団地に住んでるし、彼女らも同じ区内に住んでいたりするわけなんだけど。そして、私にしてみりゃその公園は徒歩圏内だ(というか父が犬の散歩に行く公園だ)。
そして、今回のこの花見のポイントは、犬連れであることだったりする。
メールをくれた友達と私は犬を飼い始めた時期がほぼ同じ。もう一人も最近犬を買い始めたらしい。で、犬連れて花見しようぜ~とメールにあった訳で。同級生ってより、なんかすっかり犬仲間。
しかし、犬連れての花見は、食べ物を前に犬がどこまで大人しくできるのかという不安があったりもした。(以前家族で花見したときには弁当くれくれで大変だったんだ)
でも、これは杞憂で終わったかな。周りが犬にとってはそれほど知った人じゃないので、大人しくしててくれたんで。それよりも、他の犬(チワワ2匹、ミニチュアダックス2匹)が皆小型犬だったんで、犬なりにちょっと気を遣っていたみたいだ。
あと、忙しないといっても、動き回る小型犬に比べれば、大型犬は大人しく見えるような気がしないでもない。いったん動くと、大きい分非常に迷惑になってしまうんだけど(^_^;;
それにしても、大型犬に慣れていると、小型犬が可愛さが堪りません。片手でダッコできるんだよー。膝に乗ってきたり飛びついてきたり。ラブじゃダッコというより持ち上げるだし、膝はアゴをのっける場所だし、飛びつきも油断してたらこっちがコケる。(大型犬が可愛くない訳じゃないよ)
犬は犬で、みんなにいっぱい撫でてもらってご機嫌。花見に来たほかのグループの人にも撫でてもらったし。
で、適当に談笑し(結局犬話だったような)、その後公園内にあるドッグランで犬を遊ばせ、解散。
途中帰りたくないー、疲れたーと、進行方向に尻を向け道端で伏せてごねる犬を引きずりながら、時間をかけて帰宅。
桜を見に行ったのか、犬を見に行ったのか判らん花見でした(笑)
| | twitter経由でコメント

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://ostland.if.tv/ts/notes/tb.php/1947

トラックバック

NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.488943秒
  • 合計: 4707652
    今日: 4919
    昨日: 7785

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

SEARCH


TWITTER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
PAGE TOP