Notes
<< November
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>

軍服資料について。(過去の記事:軍服資料(1)←これは正直微妙な本……)
いくつか持っているものの中から質問があったものを。

軍服軍服
発売元:同朋舎出版
発売日:1994/02

バリケードの写真の右の本ですね。
広く浅く、古代ローマの歩兵から現代は湾岸戦争の米軍兵士の砂漠迷彩まで。
一つのものを深く扱ってないけれど、写真なのでそれぞれのアイテムの質感とかを見ることができるのが利点。
創作でも、歴史物でも、質感が判るものが一つあると応用がきくので重宝してます。
また、本のサイズが大きいだけあって、写真も大きいのが嬉しいところ。
薄い本なんだけどね。


写真の左の本は下記の通り。(2007/10/12:記事修正)

German Armies 1870 - 1871: Prussia (Men at Arms, 416)German Armies 1870 - 1871: Prussia (Men at Arms, 416) 
Michael Solka

発売元:Osprey Pub Co
発売日: 2004/09

洋書です。当然英語です。私は本文を読むのを諦めてます(^_^;;
全48ページ中、カラーページは8ページ。
これはMen-At-Armsシリーズのほとんどがそうですけれど、解説ページに写真があるものは写真が、絵画等で残っているものはその絵がモノクロで載っていたりもします。
時代地域などで細分化されて本になっているので、広く浅くは無理。
軍服を描かなきゃいけなくなったときに、とりあえずイメージの近いものを数冊買ったのがはじめだったかなー。


ついで、ポドハレ国境防衛軍山岳旅団歩兵の参考資料はこちら。

Soviet Bloc Elite Forces (Elite Series No 5)Soviet Bloc Elite Forces (Elite Series No 5) 
Steven J. Zaloga James W. Loop

発売元:Osprey Pub Co
発売日: 1985/12

ワルシャワ条約機構軍の各加盟国の特殊部隊を扱った本。
これも上記と同じOSPREYから出ているELITEシリーズの一冊です。
こっちの方が全体のページ数がちょっと多くて、カラーも12ページありますね。
| 軍装・制服 | twitter経由でコメント

コメント

コメントする








NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.482759秒
  • 合計: 236564
    今日: 18
    昨日: 343

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

SEARCH


TWITTER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
PAGE TOP