Notes
<< June
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
>>

色々なものの勘が鈍ってそうなんで、リハビリを兼ねてみた。
軍服とか甲冑とか、しばらく描いてないとコツやポイントを手が忘れていたりして。
そして、久し振りに絵を描く為にこっち系の資料を見てみる。なんか新鮮。

で、トップ絵にポーランドの国境防衛軍山岳旅団歩兵を描いてみた。
参考資料のパレード写真で、他の兵士が真面目な顔で行進している中、一人だけ超笑顔な人がいたんだが、彼はどんな人なんだろうと思わずにいられない(笑)
あと、徽章の花はたぶんエーデルワイスだよね。WWIIのドイツの山岳猟兵もエーデルワイスの徽章だったような。スイスもそうだっけ?
野戦服や戦闘服は時代と共に素材やデザインが変わったりするけど、制服はそうそう変わらないと思う。ただ、旧東側の国は色々と体制が変わったところもあるので、そこでどうなったかだろうか。
もともと簡単に探せるところで見つかる資料で、東欧の軍服って少ないんだよね……。東欧に限らず米軍ですら、現用の制服が都合よく載っている本はやはり無かったりするし。雑誌の特集も戦闘服や装備品がメインだし。でも、最近全然雑誌を買ってないや。

【2005/01/18追記】
徽章ですが、ちゃんと読んだらエーデルワイスだって書いてあった。
WWIIのドイツの山岳猟兵もエーデルワイスでした。面白いのが、Uボート(U-124)の乗組員にとっても非公式なエンブレムになっていたんだそうだ。(ドイツ兵軍装ガイド/アルバンより)
スイスは手持ちの本に見つからなかった。勘違いかな。


ついでに、自分の萌えポイントを考えてみた。
――軍服。好きだけど、別に中の人は気にならない。ネクタイから襟回り、肩がカッコよく描けると嬉しいし、そういう絵は大好きだ。
――甲冑。特に肩のパーツとか、肘や膝のパーツとか大好きだ。やはり上手く描けるとすごく嬉しい。
もしかしなくても、これは萌えポイントと違うような_| ̄|○
とはいえ、やはり軍服は、男女共に中の人がひょろひょろだったりするのはいただけない。もちろん、キャラクターとしての役割があるのなら別だけど。
甲冑に関しては、お姫さまが慣れない甲冑を身にまとって戦場に出ざるを得ないというシチュエーションとか、理由があれば中の人が華奢でも気にならないので、けっこう適当。でも歴戦の勇士は、マッチョではなくても、それなりの体格をしてて欲しいなと思ったりする。
……もしかしなくても、世間の萌えとは違うとこいってますか。そうですか。
| 軍装・制服 | twitter経由でコメント

コメント

「軍服」と一言で言っても、場所や国によって、その様が大きく変わるものなんですねぇ(^^;
改めて感嘆しちゃいましたw^^
目からウロコです(@@)

今後の小説のアイディアの糧になりそうです^^
ありがたや、ありがたやw


>一人だけ超笑顔な人がいたんだが

本当に気になりますね(笑
いったい、なんなんだろう(^^;
| EMAIL | URL | 2006/01/17 12:13 AM | DFiTQkt2 |
WWII以降、どこも似てきちゃいましたけどねー。
それでもやはり、国によって特色があったりします。特に迷彩服の迷彩柄は究極の地域色の抽出って感じでかなり差が出てきて、比べてみると楽しいんですよ♪

笑顔の人ですけど、まさか写真が本に載って日本で見られているなんて思いもしないでしょうね(笑)
20年ほど前の写真になるわけですが、今だと40代あたりなのかなぁ。
| EMAIL | URL | 2006/01/20 12:14 AM | b/PBU2rA |
今日は~^^またブログ覗かせていただきました。よろしくお願いします。
モンクレール ダウン http://www.japan2moncler.co
| EMAIL | URL | 2013/01/17 11:27 PM | cdxCHeQc |

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://ostland.if.tv/ts/notes/tb.php/2152

トラックバック

NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.514663秒
  • 合計: 330738
    今日: 33
    昨日: 122

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

SEARCH


TWITTER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
PAGE TOP