Notes
<< October
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>

たまに話題になったり質問されたりするんで。

働く男の制服図鑑働く男の制服図鑑 
桜 遼 制服を愛でる会

発売元:フィールドワイ
発売日: 2003/12/05


働く男の制服図鑑』の方は、普段見ることの無い制服があったりして、面白いと思う。


戦う男の制服図鑑戦う男の制服図鑑 
桜 遼 制服を愛でる会

発売元:フィールドワイ
発売日: 2004/08/11


戦う男の制服図鑑』は、取っ掛かり本としては良いかと。手頃なお値段で広く浅くという感じ。
軍服は好きだけど、どこから手をつけたら…という人には良いかな。絵柄は好き嫌いが分かれるかも。(特に男性だと)

どっちも制服スキーな女性の視点で編集されているみたいなので、その辺を知るのにも良いかも。けれど、絵の資料としては、服の形等、作者の手癖と絵柄のデフォルメが入っているから、これだけを見て絵を描くのは人によってはちょっとつらいかもしれない。
情報も正確さに欠けるところがあるので、最初からそのつもりで。
カラーで紹介されているものが少ないのも残念なところ。
あとは、絵柄に抵抗を感じるかどうかかなぁ。

制服系の絵の描く為の参考資料としてなら、この本以外にも1冊で良いのでデフォルメが少ない絵か写真の軍服・制服関係の本を持っていたほうが良いかと。
細部はともかく、WWII以降の軍服のシルエットに関しては、国が違っても大きな差は(たぶん)無いと思うので、服のだいたいの形は比較的正確なものがあった方が応用が利くんじゃないかなと。
というか、軍服資料絵としては、形状も質感も甘いです。
でも、実際の所、中身と値段が手頃な本ってなかなかないんだよね(^_^;;

そんな訳で、すでにミリタリ・軍装マニアの人で、かつ深い知識を求めている人にはあんまり必要無い本だと私は思いますです。
| 軍装・制服 | twitter経由でコメント

コメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://ostland.if.tv/ts/notes/tb.php/2065

トラックバック

NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.488706秒
  • 合計: 1125172
    今日: 4639
    昨日: 5523

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

SEARCH


TWITTER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
PAGE TOP