Notes
<< December
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>

<<前の5件 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 次の5件>>
キウィ
夕飯のシュウマイ
くつした
口紅

油断大敵である。
だから、犬の口の届くところに置いておくなってば、母上。……という話。
最近は資料の本もかじるからなぁ(^_^;;
| | twitter経由でコメント
犬を連れて買い物に出かける。
家族がスーパーの中に入っている間、私と犬が外で待ってるという形。
焼き芋でも買って食べてようかと思っていたら、30分待ちだった。ちぇ。
仕方ないので、先に買って持たされていたバナナで耐えることに。犬はいいけど、私はバナナじゃちと寒いよ母上。
スーパー正面の家で変われている犬が、よそ者が気になるのかずっと吠えていたが、バナナをマクシミリアンに食べさせようとしたら、柵の向こうで黙って座ってじっとこっちを見ていた。流石、ちゃんとしつけられている犬らしい。でも、他所様の犬に無断でオヤツはあげられないよ、ごめんね。というか、笑うところかココは。

その待っている間、犬が好きというおばさんと犬話をする。3年前に飼い犬が亡くなったということらしい。が、私がマクシミリアンの名前を呼ぶと、おばさん反応。
父が犬を連れて行っていた公園の犬仲間だったらしい。
飼い犬の衰弱したゴールデンレトリバーを公園に抱えていったら、公園に来ていた他の犬たちが集まってきて、最後のお別れをしたそうな。マクシミリアンも長い時間、顔を寄せていたらしい。犬も言葉が無くてもわかるんだねーという話を、私も確かに父から聞いていた。その子は、その二日後に亡くなったとのこと。10歳だったって。
マクシミリアンが公園に遊びに行き始めたのは1歳未満の頃。その頃に2歳ぐらいの犬が多くて、最近では(マクシミリアンもそうだけど)その頃の犬を見かけなくなっていたんだよね。マクシミリアンが8歳(7歳と9ヶ月だけど)になるんだから、他の犬の多くは10歳以上になっているわけで。流石に5年以上経てば飼い主の環境も変わってくるし、犬をつれて遠くまで出にくくなるかもしれない。犬もあまり遠くまで行きたがらなくなるし。
おばさんは知った犬と会えて嬉しそうだった。犬も、尻尾を振りっぱなしで。
やっぱり、公園まで連れて行ってやらんとなぁ。

ところで、犬。
アスファルトの上に座った状態で尻尾をぶんぶん振るので、尻尾の一部がハゲているのは仕方ないとしても、そこをすりむいて血が滲んでいるんですが。
尻尾は動いちゃうもんだから、犬にもどうしようもないとはいえ、ねぇ(^_^;;
マジで尻尾カバー作らないとダメかな。
| | twitter経由でコメント
NHKのにんげんドキュメント『老犬 クー太18歳』を見る。
ダメだ。
涙と鼻水が止まりません。
ウチの犬は次の5月で8歳だけど、世間では老犬といわれてしまう年齢。
色々考えさせられました。

……しかし、今日買い物いったら、スーパーの入口の警備員さんに若いワンちゃんですねーと言われてしまった。
やはり尻尾の振りッぷりかッ! 尻尾なのか……ッ!
尻尾が元気なうちはまだまだ大丈夫そうだ。

ここ数日、ちょっとサイトが重いかな……。どうしちゃったんだろう。
| | twitter経由でコメント
年内の仕事が終わりました。
家族で唯一仕事が無い人間になってしまったので、とりあえず、家の大掃除をぼちぼち始めてみたり。ぼちぼちと。
犬の相手もいっぱいしてあげないとなーとか、マシンのバックアップと(自分で出来る範囲の)メンテもしないとだし、まあ、探せはいろいろとしとかないといけないことはあるワケで、12月中はまだ忙しい顔が出来そうです。
でも、ちょっと眠い今日この頃。

で、今日は天気が良かったので、妹に車を出してもらって犬連れでドッグランのある公園まで。
大きいのから小さいのまで、犬がいっぱい。久し振りに他の犬(とその飼い主)にあえて、はしゃぎまわる犬。
ドッグランの中で遊ぶ犬の多くが人見知りしないので、自分も他の犬と遊ばせて貰ったりして。
散歩用バッグのなかに入っているオヤツ(ドライフード少々)の匂いを嗅ぎつけて犬が集まってきたときに、「座れ」といった途端、目の前の全員が(オヤツ目的とはいえ)ちゃんと座ったのには感心したなぁ。いい子達だー。でも、あげられなくてごめんよ。

しかし、うちの犬。
飽きるのも早いらしく、「もう帰る」と帰りたくなると扉の前へ。そんなところ、飼い主に似なくてもいいもんなのに。
私はもうちょっと遊びたかったなー。
| | twitter経由でコメント
うわぁ。先生が鎖骨骨折しているし!

朝一で病院行くぞーと思ったら、車を出せる人間が誰も家に残ってない。
けれど、朝になったら痛みも引いたのか、本人がひょこひょこと4本足で歩いていたので、頑張って病院まで歩いてもらう。おかげで、近いのに時間がかかってしまったけど。
病院に入って受付までは相変わらずご機嫌だ。その後待ってるうちにじわじわと出口まで後退して、診察室に呼ばれる頃には出口にぴったり張り付いている感じ。
いつものように犬を抱えて診察台へ。
結果はちょっとひどいつき指。
足を踏み外したりしませんでしたか?と聞かれたけど、現場は見ていない。なんとなく想像はつくけど。
数日は飛んだり跳ねたり走ったりさせないでくださいねと言われたけれど、家の中を飛んだり跳ねたり走ったりしているのをどうすれば。
最後にツメを切ってもらって(この週末当初の予定だった)帰宅。
お疲れさま。

先生も早く良くなってくださいねー。
| | twitter経由でコメント
<<前の5件 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 次の5件>>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.480094秒
  • 合計: 378138
    今日: 439
    昨日: 523

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

SEARCH


TWITTER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
PAGE TOP