Notes
<< January
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
>>

<<前の5件 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 次の5件>>
ダンクーガの設定資料集が出ているのを光琉くんに教えてもらいましたーッ!
早速注文。
ついでに自分の本棚を探したら、ちゃんとありましたよ。小学生の時に買って貰ったムック本。奥付みたら昭和60年発行だって。久し振りに開いたら背表紙が割れちゃったけど……_| ̄|○
色々捨てたり売ったり無くしたりしたけど、この本はいつも場所を確認していたなー。

←嬉しくって、amazonで注文しちゃった勢いで描いちゃった(笑)
沙羅って、こうやって見ると目の描き方が良い感じ。にしても、オリジナルのあのキッツイ雰囲気が出せない。
何年か前にLD-BOXで販売された時に、カバーイラストの只野和子さんの絵がすっかりセーラームーンになってて(特に雅人が)、ショックを受けたのも懐かしい思い出だ。

超獣機神ダンクーガ 完全設定資料集超獣機神ダンクーガ 完全設定資料集 
一迅社
発売元:一迅社
発売日: 2006/07/11



| 映画・アニメ・映像作品等::ダンクーガ色々 | twitter経由でコメント
『ハウルの動く城』がTVでやっていたので、ご飯を作りながら食べながら観ました。……後半だけだったけど。
よく動く映像と、目を離すのがもったいない演出は流石ですよね。
そしてこれが宮崎駿絵で描かれた美形なのか……とちょっと感動。身体の線もちゃんと細いし(笑)
ハウルの木村拓也の棒読み気味な声も、ハウルというキャラクターには合っているような。微妙なヘタレ具合とか。しかし、普段意識して聞いていないせいか、声だけだと木村拓也だとわかんないもんだなぁ。
三輪明宏はいい仕事をするよね。ちょっと聞き取り難いところはあるけど。
倍賞千恵子もソフィーの不安定な容姿と共に声にも微妙に変化が合ったりして。
今度、DVDでも借りてちゃんと最初から観てみよう。

スクエニのベスト版、アルティメットヒッツだけど、ヴァルキリープロファイルクロノ・トリガーが出てたんだ。
評価の高かかったゲームだし、今度買ってやってみようかな。
古くてなかなか見かけなかったゲームがベスト価格で買えるのはいいよね。でも、プレイ時間を考えるとホイホイとは買えないんだけど。
| 映画・アニメ・映像作品等::映画 | twitter経由でコメント
映画『ヴェニスの商人』を観てきました。

原作は有名すぎるシェイクスピアの『ヴェニスの商人』。映画もまんまです。
シェイクスピア劇だけに、どんな演出がなされるのかを楽しむ映画。物語上の意外性は無い。
あとは登場人物の掘り下げ方かなぁ。
アントーニオはやっぱりそういう人物に見えるよなぁとか、最後のジェシカに一観客としてはちょっぴりほっとした気分になるとか、バックで歌手が歌っている歌の歌詞が知りたいとか、ポーシャはやっぱりスーパーウーマンだとか。
裁判の時に出てくるセリフが良い言葉だなんだけど、シャイロックに感情移入して観ていると、ぜんぜん心に響きません(^_^;;
憎しみ続けることと、許しを与えること。それらがもたらす結末がどうなったか。
でもやっぱりシャイロック可哀相だよなーしか出てこないや。
(ユダヤ人が迫害されていた時代、シェイクスピアはこの劇を書いてユダヤ人寄りだと批難されたようですね)
シャイロック役のアル・パチーノが迫力があって流石に凄かった。アル・パチーノだけじゃなくて、全体に役者が良かった。
ジェレミー・アイアンズの苦労性な感じも良いし。でも、アントーニオがあんなに疲れた感じのキャラクターだとは思わなかったなー。目で物語る感じが素敵だ。
ジョセフ・ファインズは、私は歴史ものっぽいものでしか見た事ない。いつも似たような衣装で(笑)(恋に落ちたシェイクスピアとかエリザベスとか。時代がほとんど一緒か。スターリングラードもあったなぁ)
これは自分がそういう映画しか見てないだけか(笑)

→映画とは関係ないけど、前に児童向けヴェニスの商人で描かせていただいたポーシャ。こんなに細かくかけなかったけど。今思えば、彼女はヴェニスの人じゃなかったので、もちょっときれいな色を使ってあげてもよかったんだなー。

【2006/04/08追記】
ヴェニスの商人ヴェニスの商人 
アル・パチーノ マイケル・ラドフォード

発売元:ポニーキャニオン
発売日:2006/04/05


| 映画・アニメ・映像作品等::映画 | twitter経由でコメント
天狼征竜伝の準備ラフだらだらと映画音楽をかけていたりする。
といっても、映画を観て気に入ったものを買っているので、やっぱり史劇っぽいものに偏っちゃってるんですけど。
で、何度も聞いているとその中でもある程度絞られてきまして、どうやらハンス・ジマーのものが結構好きらしいです。といっても、ジマーのは『グラディエーター』と『キング・アーサー』の2枚しか持ってないけど、似た感じのものばかりの中の2枚だから、それなりに好みなんだと思う。
なんかスペクタクルしてるのが良いのかなー。或いはテンポか。ゆっくりしすぎず、激しすぎず。私にとって、かけっぱなしにしとくのに都合が良いみたい。だからといって、当然のことながら退屈な曲ばかりって訳じゃ無く、むしろその逆なんだけど。
他だと『Le Pacte Des Loups(ジェヴォーダンの獣)』とか『アミスタッド』。でもアミスタッドのCD、中身が消えてるんだよな……どこいったんだろう。

しかし、こんなんばっかり聞いているので、カラオケのレパートリーは全然増えません。というか、何年前から増えてないんだろうねー(遠い目)
| 映画・アニメ・映像作品等::他 | twitter経由でコメント
BSチューナーが古いビデオ機頼りで(BSチューナー内蔵DVD買えばよかったのに……)すっかりガビガビな画像でしか見れなかった1st。おまけに最初の30分は録画チャンネル間違えてるし……というか、新聞チェックしてくれ妹よ_| ̄|○
いやでも、妹が家に帰ってきて一言言ってくれなかったら、チャンネル間違えたまま録画しっぱなしになってしまっただろうから、妹サマサマである。でも、東芝製品だからかなのか、HDDからDVDにデータを移せなくなっているらしいが……。
で、結局朝まで観ちゃいましたよ~(^_^;;
これをちゃんと観たのは10年以上ぶりぐらいかな?
画的に昔の絵でキツいところはあるかなと思ったりもしたけど、実際は全然気にならないっもんだね。最近のアニメをほとんど見てないせいかも(笑)
それにしても、やっぱり皆声が若いですね。
それと、登場人物の表情が良い。特に「めぐりあい宇宙」。安彦良和氏の絵の特徴でもあるんだろうけど、やわらかさと生っぽさがあるんだよね。
あと、演出に絵柄と相まって色気があるというか。アニメ的にオーバーな動きも自然に流れて見えるし、また逆に普通の人間のさりげない小さな仕草もあって、アニメの絵に生っぽさを与えているんじゃないかなーと思った。こういう部分てのは、20年以上昔のものだとかそういうのは関係ないなって思わされる。作った人間の技量がそのまま出てくるところだし。
こういうハッとさせられる動き、普通のTVアニメだとなかなか見られないよね。って、言えるほど、アニメも見てないけど……(^_^;;

そして、夕方から妹が視聴。オリジンを楽しんで読んでいた妹、1stガンダムを映像で見るのは初めてだったとか。そら、私が見るのも10年以上ぶりぐらいだもんなぁ。
色々納得しながら楽しんでたみたいだ。
| 映画・アニメ・映像作品等::他 | twitter経由でコメント
<<前の5件 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 次の5件>>

NEW ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENTS

ARCHIVES

LINK

OTHER

  • RSS 1.0
  • 処理時間 0.496122秒
  • 合計: 406560
    今日: 121
    昨日: 685

LOGIN

現在のモード: ゲストモード

USER ID:
PASSWORD:

SEARCH


TWITTER

POWERED BY

BLOGNPLUS(ぶろぐん+)
PAGE TOP